歯周病

歯周病は、細菌(その塊をプラークあるいはバイオフィルムといいます。)がきっかけでおこる歯周組織の病気です。

2012071116262522933.jpg












プラーク1mg中に数億もの細菌が棲みついていると言われており、その中の歯周病原菌が出す毒素で歯肉に炎症をもたらします。

しばらくすると、プラークはやがてだ液中のミネラルと結合して石のように硬くなり歯石となります。
(歯石はザラザラしており、その周りにさらなるプラークを付着させます。)

その細菌が歯と歯肉の間の歯周ポケットに溜まり、歯肉を刺激し続け、やがて歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし始めます。

歯周病がひどくなってくると、歯がグラグラするのはこのためで、歯を失う原因としては、今ではムシ歯より多いと言われています。

2012071116131322208.jpg






























一度溶けてしまった骨は元には戻りません。
ですから、悪くしないこと、予防することが大切なのです。


歯周病の治療とは、シンプルに言うと細菌感染の除去とその状態の維持、です。

まずは毎日の歯みがきの改善を行い、歯科衛生士による機械的なクリーニングを行います。
その後、必要に応じて、外科処置を行うこともあります。

(なるべく残せる歯は残す方針ですが、残念ながら重度の歯周病で、抜歯をする以外細菌感染の除去が困難な場合は抜歯をご提案せざるを得ないこともあります。)

治療終了後は、定期的なメインテナンスを行い、その状態を維持していくことが大切です。