なぜ予防歯科なのか?

 
2012052401033015916.jpg

この絵をみてください。



女性が水浸しになってしまった床を一生懸命モップがけしています。

あなたならどうしますか?


水浸しの原因である、

洗面台の蛇口を閉めますよね?


歯の治療も同じです。原因(バイオフィルム・細菌)を除去しないで

詰め物や被せものを入れるのは、

この女性と同じことをしているのです。


2012071116262522933.jpg

虫歯も歯周病も、歯に付着したバイオフィルムによって引き起こされる、

歯や歯周組織の破壊を伴うある種の感染症です。


つまり、バイオフィルムを取り除き続けることが大切なのです。

その方法とは、、、、


★ご自分で行う毎日の正しいブラッシング
(人により、どの方法がいいのかは違います。)

ご自分で取りきれないバイオフィルムや歯石を、定期的に専門家(歯科衛生士)に取り除いてもらう習慣を持つ。
また毎日のブラッシングの方法の指導もそのときに受ける。
これがメインテナンスです。


この2つの習慣があればほとんどの歯を一生守り続けることができるのです。








歯を失う原因は?
 
 自分の口の中を鏡で見てみてください。

何も治療を受けていない白い自分の歯は何本ありますか?
金属の詰め物やかぶせものが入っている歯が目立ちますか?
歯を失っている場所もありますか?

 現在、歯科医院はコンビニの数よりも多いのをご存じですか?
私たちが毎日目にする患者様のお口の中は、治療跡だらけです。金属が入っている場合が多いからよくわかります。とても健康な状態であるとはいえません。
歯科医院の数は多いのに、お口の中の健康は守られていないのが現状です。

 同じ歯は3回治療を受けると抜かざるをえない状態になるといわれています。
1.最初は小さいムシ歯の治療を受け部分的に金属が入ります。
2.次はそれがはずれてむし歯になり神経を取ってかぶせることになります。
3.その次はその歯が割れてきて抜歯になる。
そんな経過をたどり歯を失うことが多いのです。

 歯を削って治療をすることにより、歯の寿命はとても短くなるのです。
 できるだけ削らないで済むようにするにはどうすれば良いのでしょうか?


予防が大事です

 歯は一度ムシ歯になると、残念ながら初期の段階を除いて治りません。
歯周病も同じく、初期の歯肉炎のときは治りますが、歯周病になると元どうりの健康な状態には治りません。
天然の歯にかなうものはないのです
もちろんいったん悪くなってしまってからの治療もきちんと行いますが、患者様もそして我々も大変です。
 

 
そこでハイジア歯科では、ムシ歯と歯周病は予防することが一番大事であると考えています。
_DSC5341s.jpg



初期ムシ歯(CO)知っていますか?

治るムシ歯と治らないムシ歯
むし歯には、治るむし歯と治らないむし歯があるのをご存知ですか?
治るむし歯を、むし歯の初期の状態、初期むし歯と言ってます。
歯の表面のミネラル分が部分的に溶け出した状態。
適切な処置をすれば、それ以上進行しません。
専門用語では、C0(要観察歯)
学校検診の用紙で見たことがある方もいらっしゃると思います。

見分け方
家庭での見分け方は、まず歯垢(プラーク、バイオフィルム)をよくおとしてから

1.歯の表面がチョークのように白く濁ってないか、茶褐色になっている部分はないか
2.かみ合わせの溝が黒く(茶色く)なってないか
確認してみてください。

ただし初期ムシ歯かどうかの判定は専門家でも難しいところがあります。
ご自分で発見したとしても必ず歯医者さんでみてもらいましょうね。

初期ムシ歯の治療法は?
ハイジア歯科では、

1.歯科衛生士による丁寧なクリーニングを行います。
  (歯ブラシでは落ちない歯垢を徹底的に歯の表面からはがします。)
2.ムシ歯の診断をします。
3.歯の表面にフッ素を塗布します。
4.定期検診に来て上記のことを繰り返します。
  (検診の間隔は患者様個々により異なりますが通常3〜6ヶ月ごとです)