インプラント

失われた歯の治療法

2015051512331921410_3.jpg





�ブリッジ

2015051512331921410_1.jpg

 

歯を抜いた後、抜いた部分の前後の歯を削り、ダミーを含む冠を前後の歯に橋渡しさせて装着します。

注意事項
◆周囲の歯を削る必要があります。
◆入れ歯と比べると、異物感は少ないです。
◆土台の歯に負担がかかり、将来的に折れる可能性があります。
◆清掃性が悪くなり、支えている歯が虫歯や歯周病になりやすくなります。
◆歯のない部分の骨がやせて、食べ物がつまりやすくなります。




�入れ歯
2015051512331921410_2.jpg


歯を抜いた後、お口の型をとり、金属の留め金のついた人工の歯を装着します。

注意事項
◆比較的簡単な方法です。
◆外出先でも取り外しをしなければなりません。
◆食べ物がたべづらい・触感が悪い・しゃべりにくい。
◆不安定で異物感があります。
◆清掃性が悪くなり、支えている歯が虫歯や歯周病になりやすくなります。




�インプラント
2015051512331921410.jpg

歯を抜いた後、あごの骨にインプラント体を埋め込み、中間に挟む装置(アバットメント)を取り付けて、その上に冠をかぶせます。

注意事項
◆周囲の歯に負担をかけません。
◆固定されているので自分の歯と同じように食べることができます。
◆簡単な手術が必要です。
◆治療期間が少し長い場合があります。
◆3種類の方法の中で、最も優れた治療方法です。

a_case_1_imp2.jpg



★当院のインプラント治療の特徴


安全性を重視し、しっかりと診査・診断を行います。

当院では、インプラント治療を受けるほとんどの患者様にCT(歯科用コーンビームCT)を取っていただいております。
それにより、下顎管や上顎洞の位置、あごの骨の形体を正確に把握することができ、より安全に、安心して手術を受けていただいております。


術中は安全のため、血圧、脈拍、血中酸素飽和度をモニタリングいたします。

2015051512353821493.jpg








インプラントは主に金属でできていますので、虫歯にはなりません。

しかし、インプラントの周囲の歯肉は生きておりますので、衛生状態が悪いと歯周病のような状態になる可能性があります。(インプラント周囲炎)

そのため、お手入れ(メンテナンス)はとても重要になります。

当院では埋入したインプラントを長くお使いいただくため、その後のメンテナンスもしっかりと行います。
ob_inplo01.gif



当院では

日本製のプラトンインプラント



ドイツ製のアンキロスインプラント

を使用しております。