だ液検査(サリバテスト)とは?

毎日しっかりハミガキしているのにどうしてムシ歯になるんだろう?


ムシ歯になりにくい人、なりやすい人の違いは、ハミガキの回数や方法だけでなく、
飲食の回数、唾液のもつ性質やムシ歯菌の数などが大きくかかわります。



唾液検査(サリバテスト)とは、言わば


虫歯リスクの精密検査


と言えます。


虫歯ができる原因をよく知ることが、将来ムシ歯をつくらないための大切なステップです。



だ液検査(サリバテスト)で何を調べるの?

.潺紂璽織鵐攻櫃凌
ミュータンス菌は、ムシ歯を引き起こす病原性が最も強く、数が多いとムシ歯になる確率がとても高くなります。

▲薀トバチラス菌の数
ラクトバチラス菌は、ムシ歯や不適切な詰め物の中にすみついており、口腔環境が不良であるほど増殖します。

0食の回数(食べ物を一日に何回、口に入れている?)
食事をとるたびに、口の中は数分で酸性になり、飲食回数が多いと、長時間酸性の状態が続くため、ムシ歯になりやすくなります。
2012082117141627162.jpg


ぅ丱ぅフィルムの蓄積量(歯はきちんとみがけている?)
ムシ歯予防は、まず毎日のハミガキから。磨きのこしはやがてバイオフィルムと呼ばれる細菌の塊となり、ムシ歯の原因になります。
2012082117141627162_2.jpg


ゥ侫蛋任了藩兢況(フッ素入りのハミガキ剤を使っている?)
フッ素はムシ歯予防に特に効果があり、ご家庭でのフッ素の使用と、診療所でのフッ素塗布を組み合わせると予防効果はさらに高くなります。
2012082117141627162_1.jpg

Ε爛兄の経験
過去のムシ歯にどれだけなったのかというデータは、今後のムシ歯予防にとって重要です。過去にムシ歯で治療した歯の本数を調べます。

Г星佞領漫覆星佞呂燭さん出ている?)
ムシ歯に対する抵抗力のうちで最も大きな力はだ液です。分泌量が多いほど、ムシ歯の予防効果は高くなります。
2012082117141627162_3.jpg


┐星佞隆望彷宗覆星佞寮質は、ムシ歯に対する抵抗力が高い?低い?)
飲食後、酸性に傾いたお口の中を中性に戻すだ液の能力を示します。高いほうがムシ歯になりにくくなります。
2012082117142827146.jpg



10.jpg
このようなキットを使い検査を行います。

9.jpg


以上のデータをまとめて、以下のようなレーダーチャートを作成します。
この多角形の面積が大きいほど、ムシ歯になりにくいと言えます。
2012082117142827146_3.jpg


あなたの状態に合ったムシ歯の予防方法をお伝えします。
どこに弱点があるのか?ピンポイントで知ることで適切な対応ができるのです。


保険適用外 費用 ¥5000 + 税