• HOME   >   
  • 予防・検査

general歯の健康を維持したい~予防・検査

歯の健康を維持したい~予防・検査

「虫歯や歯周病になってから、歯医者さんに診てもらえばいい」と思っている方はいらっしゃいませんか? いったん削ってしまった歯は、決して元の状態には戻りません。お口の健康を保つには、病気にならないように予防することが大切なのです。

こちらでは吉祥寺ハイジア歯科医院が予防や検査の大切さについてご説明します。毎日ご自身で行うブラッシングや、歯科医院で行う定期検診、予防・メインテナンス処置によって、大切な歯の健康を守っていきましょう。

日本と海外では予防意識がこんなに違う

「8020運動」という言葉を耳にしたことはありませんか? これは「80歳になっても20本以上の歯を残そう」という運動です。言い換えれば、日本の高齢者の方で20本以上歯が残っている方が少ないということを示しています。

調査によれば、日本人の80歳時点の残存歯数は12本とのこと。このため多くの高齢者の方は入れ歯などに頼っています。これに対して、歯科先進国である欧米とくにスウェーデンなどでは、残存歯数が約20本もあります。日本との違いはどこから来ているのでしょうか?

北欧などでは、「歯医者は歯の予防のために通うところ」という意識が強く、定期検診の受診率が80%以上もあります。これに対し、「歯医者は歯が悪くなってから通うところ」という意識が強い日本において、定期検診の受診率は10%もありません。

そろそろ日本でも、歯科予防に対する意識を変えていく必要があります。年齢を重ねても自分の歯で食事や会話を自由に楽しめるように、定期検診を受けて歯科予防に努めていきましょう。

吉祥寺ハイジア歯科医院による予防プログラムの流れ

当院では、「治療よりも予防」という考え方のもと、患者さん一人ひとりに最適な予防プログラムのご提供を目指しています。そこで、患者さんが生涯健康な歯を維持できるように、当院オリジナルの予防プログラムを取り入れています。

予防プログラムは、初期の「お口のリスク評価」から、必要最低限の「低侵襲治療」、オーダーメイドの予防プログラムの立案や定期的なメインテナンスまでを実行する診療方針です。当院では予防プログラムによって、病気になったら治す対処療法ではなく、お口の健康を総合的にサポートしていきます。

当院での予防の流れは次の通りです。

初診カウンセリング

虫歯や歯周病の治療には、患者さんのご理解とご協力が必要です。このため初診の際に、当院での診療の流れと予防プログラムの考え方について丁寧にご説明します。分からないことはご納得いただけるまでご質問ください。
また、当院では担当衛生士制を採用しております。担当の衛生士が患者さんの口腔内をしっかり理解し、コミュニケーションを密に取りながら最適な予防プランを計画します。

応急処置

ひどい痛みや出血などの症状がある場合には、本格的な治療を開始する前に応急処置を行って、苦痛の解消をはかります。

検査

患者さんの現在の状況をしっかり把握するため、レントゲン撮影や口腔内写真撮影、だ液検査、歯周ポケット検査などを行います。これらの検査は虫歯や歯周病リスクの調査に役立てています。

検査結果の説明

検査によって得られた結果を患者さんにご説明します。言葉だけでなく、写真やレントゲン、模型などを用いて、どのような治療が必要か、虫歯や歯周病のリスクの有無などについて丁寧にご説明します。

初期治療

虫歯や歯周病リスクを軽減するための基本的な処置を行います。患者さんのお口に合ったブラッシング指導や、スケーリングなどによるプラーク、歯石の除去を行います。

初期治療の再評価

初期治療によって、歯や歯ぐきの状態が改善できているか再評価して、虫歯や歯周病リスクが下がっていれば次の段階へ進みます。改善できていなければ、初期治療に戻ります。

虫歯や歯周病の治療

今後進行していくと思われる虫歯や歯周病にかかっている場合には、本格治療を行います。

虫歯や歯周病治療の再評価

治療によって、虫歯や歯周病リスクが下がっているか再評価し、リスクが下がっていれば次の段階へ進みます。改善できていなければ、再度治療に戻ります。

メインテナンスの立案と説明

口腔内が虫歯や歯周病が少なくなり良好な状態になったら、患者さん一人ひとりの状態に合わせてメインテナンスの立案を行います。立案したプログラムは、患者さんに分かりやすくご説明します。

メインテナンスの開始

ご説明したスケジューリングに合わせて、メインテナンスを開始します。定期検診を受けていただき、フッ素の塗布やブラッシング指導、歯のクリーニング、歯石やプラークの除去などを行います。今の良好な歯の状態をこれからも維持していきましょう。